NashTech

デジタル・リーダーシップ・レポート 2021

【2021年版】世界最大のデジタルリーダーシップ調査|グローバルテクノロジー成長の危機とは?

velocity1263x445-1024x360
調査要約
  • 雇用者が優先順位を見直したり、報酬のために辞めてしまうと、危機は悪化へ
  • 今年、サイバーセキュリティ専門家の不足は史上最高で、不足率は25%近く急増
  • テクノロジー業界で働く女性の数の増加は、非常に遅い
  • 10人に6人のデジタルリーダーが、技術チームの精神面の健康の低下を報告
  • 気候変動。企業は、電力を必要とする技術の二酸化炭素排出量の削減機会を損失

世界中の企業が、テクノロジーと人員への投資を過去最高レベルに引き上げる意向を示していて、大規模なスキル不足が史上最高に達しようとしています。それにつれ、世界の技術部門における、一見終わりのない成長は脅かされています。今回、テクノロジーにおける世界の課題を可視化するため、世界のCIOやCEOを対象とした世界最大、且つ最長の調査を行いました。

マサチューセッツ工科大学CISRにより、Harvey Nash Groupデジタルリーダーシップレポートが、CIONETと共同で寄稿されました。世界的な技術スキルの危機が新たな域に達するにつれて、デジタルリーダーの10人に8人が、スタッフ間のパンデミック後の新生活における優先順位が、技術スキルの維持をより難しくしていると報告しています。世界的に10人に4人は、より多額の報酬の提供によって引き抜かれているため、キーパーソンを望み通り維持できないことを認めています。また、3つに1つの組織(32%)のみが、新しいハイブリッドな働き方をする世界のスタッフにとって魅力的なものになるよう、従業員のオファーを再設計しました。


世界最大のデジタルリーダーシップ調査の詳細レポート
■技術投資と人員の記録
テクノロジーへの投資と人員の増加を世界的に計画しているデジタルリーダーの数は、2020年以来3分の1以上(それぞれ40%と36%)増加し、記録的なレベルに達しました。
 
■スキル危機がビジネスの成長に与える影響
現在、世界のデジタルリーダーの3分の2(67%)以上は、必要な人材が不足しているため、変化に対応できていません。
 
■スキル不足が最も深刻な分野
サイバーセキュリティは43%が不足を示している最も求められている技術スキルであり、不足率は過去12か月で約4分の1増加しています。また、ビッグデータ/アナリスト(40%)、テクニカルアーキテクト(34%)がそれに続きます。
 
■開発者不足が最速で上昇
開発者の不足(32%)は、前年比較で最大の増加を示しました。 Harvey Nash Groupは、この不足は、企業が新しい製品やサービスの作成に焦点を合わせており、その結果開発者が必要であるというレポートの調査結果と相関していると述べています
 
技術スキルのギャップを埋める

これらの前例のないスキル不足に対応して、デジタルリーダーは、技術チームのスキルセットを拡大することを目指しており、半数以上(51%)が組織の他の部門の人々のクロストレーニングを計画しています。デジタルリーダーの39%が、今後1年間でより多くの実習期間を提供すると述べたため、提供される実習の数は今年増加すると予想されています。

トレーニングとニッチなコンサルタントを利用したギャップの補填以外にも、ハイブリッド作業がより一般的になるにつれて、デジタルリーダーの3分の1以上が地理的なネットを広げて新しい人材を調達しています。


Harvey NashGroupのCEO BevWhite氏は以下のように述べています

記録的なレベルのデジタル投資を計画している企業では、テクノロジーの「第2のルネッサンス」の危機に瀕している可能性があります。組織は、デジタルトランスフォーメーションをこれまでになく加速化し、テクノロジーを運用方法の中心に据えようとしています。これにより、単に「テクノロジー中心」であるだけでなく、テクノロジーは文字通りビジネス全体のあらゆる場所に分散されます。

しかし、これらの野望は、これまでにないほど悪化している深刻なスキル不足の脅威にさらされています。実際、企業は三種類の打撃に直面しています。企業が必要とする熟練したリソースの供給が不足しており、ハイブリッド労働の世界のための新しくて効果的な従業員の提案を発展させることが出来ていません。更に、テクノロジーが急速に発展するにつれて、彼らが必要とするスキル自体も変化しています。デジタルリーダーは、この強力な課題の混合よって計画が狂わされないようにするために、ニーズを素早く見直し、解決策を見つける必要があります。

Bev White CEO of Harvey Nash Group
テクノロジー業界で働く女性の数の増加は、非常に遅い

世界的に利用可能な技術者の数に影響を与えるもう1つの要因は、この分野に参入し、指導者としての役割を果たしている女性の数です。

■今年は、調査対象のデジタルリーダーのわずか(12%)が女性であることがわかりました。数字は、非常にゆっくりとした上向きあがりを続けています。 技術チーム内の女性の平均比率は4分の1弱であり、将来のリーダーシップにいくらか見込みがあることを示しています。

■多様性を改善するためにデジタルリーダーが取っているすべての行動が効果を出しているわけではありません。候補リストと割り当ての義務付けは、ほとんど機能していません。調査によると、比率を改善するための最も成功した戦略は、文化、トレーニング、サポートネットワーク、およびレポートを通じて推進されています。

 

リモートワークは両刃の剣

Harvey Nash Groupのレポートによると、WFHはワークライフバランスと生産性を大幅に向上させた一方で、同時にメンタルヘルス、スタッフの関与、コラボレーション、包括性において大きな打撃を受けました。デジタルリーダーの10人に6人がメンタルヘルスの低下を報告しているのです。これに対抗するために、デジタルリーダーの39%が健康と福祉プログラムへの投資を増やしています。

 

世界最大の専用デジタルリーダーシップ調査から得られたその他の重要な調査結果

■持続可能性にはより強力な牽引力が必要

グローバルな取締役会では、よりクリーンで環境に優しいテクノロジーが二酸化炭素排出量を改善することが認識されているものの、これらはテクノロジーチームの優先事項のリストの最後から2番目に位置しています。その結果、自社のテクノロジーの二酸化炭素排出量を大幅に削減したのは、デジタルリーダーの5分の1(22%)のみです。レポートによると、電力を大量に消費する技術の二酸化炭素排出量を削減することは、企業とそのデジタルリーダーにとって大きな課題であり、機会でもあります。

■混乱の時代

新型コロナウイルスのパンデミックにより、組織はビジネスのやり方を見直すことを余儀なくされました。 Harvey Nashの調査が開始されて以来、新しい製品やサービスの作成が取締役会の最優先事項になったのは初めてです。 組織の半数は、今後2〜3年で変革の主要な計画を立てています。

■クラウドがテクノロジーへの投資をリード

クラウドは、現在「新しい」テクノロジーではなく、成熟したテクノロジーと見なされていますが、何らかの実装を行っているデジタルリーダーの数は、2020年の69%から今では90%に急増しました。同時に、IoTやRobotic Process Automation(RPA)などの新技術の実装数は2019年から2倍以上になりました。量子コンピューティングのパイロットまたは実装のいずれかも、2019年以来3%から7%へと、2倍以上になり、小規模からある程度の牽引力を獲得しています。

■曖昧な組織

レポートによると、企業はパンデミックから脱しつつあり、従業員はさまざまな場所にいて、より多くのテクノロジーがクラウドに組み込まれ、サプライチェーンが拡散しています。 これにより、組織の「境界」を明確にすることが難しくなり、すべてのデジタルリーダーに新たな課題が提示されています。

 

世界最大のデジタルリーダーシップ調査について

2021年のHarveyNash Groupデジタルリーダーシップレポートは、上級の技術意思決定者を対象とした世界最大、且つ最長の調査です。 1998年に開始され、以前はCIOサーベイと呼ばれていましたが、20年以上にわたって、テクノロジーとデジタルの主要な傾向において、影響力があり、評判の高い指標となりました。 今年は、2021年7月8日から2021年10月11日までの間に87か国で2,100人を超えるデジタルリーダーの調査が行われました。

11月9日火曜日のグリニッジ標準時午後4時に開催されるローンチイベントに登録することも可能です。調査結果のフルバージョンを見たい場合は、以下にアクセスしてください。

www.harveynashgroup.com/DLR

 

Harvey Nash Groupについて

Harvey Nash Groupは、才能とテクノロジーのソリューションを提供する世界有数のプロバイダーです。

人とテクノロジーが出会う可能性を実現する独自のネットワークを備えており、組織と提携して、才能とテクノロジーからの莫大な価値を実現し、デジタルに精通した機敏な組織を構築しています。

 

CIONETについて

2005年に設立されたCIONETは、今では国際的に最も大きなCIOのプライベートネットワークです。 アジア、ヨーロッパ、南北アメリカの25か国に主要な実践コミュニティを設立しました。 全国的な諮問委員会の積極的な支援を受けて、10,000人のテクノロジーエグゼクティブからなる繁栄力のあるコミュニティを構築しました。

 

MITCISRについて

1974年に設立されました。厳格なフィールドベースの研究というMITの伝統に基づいたMIT CISRは、経営幹部がダイナミックでグローバルな情報集約型の組織をリードする、という課題に対処する支援を行っています。 CIOやその他のデジタルリーダーに、ビジネスの複雑さ、データの収益化、デジタルワークプレイスなどのトピックに関する洞察を提供します。

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

GCP
GCP
特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネスプロセスをデジタル化し、シームレスなユーザー体験を提供することを支援します。

上部へスクロール