NashTech

在宅勤務とアウトソーシング業者の事業継続計画

在宅勤務とアウトソーシング業者の事業継続計画

bridge-at-night-with-the-lights-on-across-river-1024x374

当社のグループ・ポートフォリオ・ディレクターが、COVID-19の現状と、CIOSがテクノロジー・アウトソーシング・パートナーと現在どのように取り組んでいるかを語った。

「この数週間で、多くのCIOがアウトソーシング・サプライヤーにサービス維持を要請することになるだろう。ある者はサービスの焦点を移し、ある者は支出を削減し、またある者は、この重要な時期に変革をもたらすような追加業務を迅速かつ効果的に請け負うことをサプライヤーに要求するだろう。 サプライヤーのサービスの敏捷性、柔軟性、能力、キャパシティ、そしてサプライヤーとの関係が試されることになる」。

テクノロジー・パートナーのBCP(事業継続計画)は、その人材やサービスを提供するためのインフラの接続性を含めて、極めて重要である。 この背景には、強力なダイナミズムが存在する。組織の価値声明、宣言された「パートナーシップ・アプローチ」、そして人間関係の責任者が試されているのだ。

プレッシャーがかかっているときこそ、その人の本質に気づくものだ。 テックセクターで働く人々が膨大な量の変化に取り組む中で、パートナーやサプライヤーとの間に築かれる関係は非常に重要である。

CIOがアウトソーシング・プロバイダーと協力してコロナウイルスの危機を乗り切る方法

コロナウィルスの危機を乗り切るためにCIOがアウトソーシング・プロバイダーとどのように協力できるか」についての包括的なレポートと見解は、マッキンゼーによるこの記事に掲載されており、一読の価値があると思う。 CIOは、世界的なロックダウンを踏まえて事業継続性を確保するためにアウトソーシング・サービスを管理するか、潜在的に厳しい経済状況を想定してITコストをより適切に管理するかを検討しなければならない。 この記事は、この問題についての素晴らしい洞察である。

COVID-19のパンデミック中にサービスを提供した私自身の経験からも、少しお話ししたいと思います……。

ハーヴェイ・ナッシュ・グループの事業の大部分はテクノロジー・アウトソーシングである。 NashTechはハーヴェイ・ナッシュ・グループの一部門であり、グローバルにテクノロジー・ソリューションを提供している。 NashTechでは、ソフトウェア開発、テスト、BPOのための拡張エンタープライズソリューションを提供しています。 この20年間で、私たちはベトナムを拠点とする世界トップクラスのツイン・デリバリー・センターを成長させ、発展させてきました。世界中の多くの企業がそうしているように、私たちもBCP計画の一環としてWFHを導入しています。

WFH導入後も生産性の低下はない

先週の社内通話で、当社のグローバル・デリバリー・ディレクターは、WFHのシナリオを導入した後、生産性の低下は今のところ見られない。 ノートパソコン、デュアルスクリーン、高速インターネット、正しいセキュリティ・プロトコルなどで従業員を動員してきた。 アジャイルデリバリーツールとテクニックを使用してプロジェクトを提供した長年の経験により、チームメンバーは分散したアジャイル部隊で効果的に働くことができる。

もちろん、情報とデータのセキュリティにも大きな焦点が当てられている。 この話を聞いて最も安心したのは、私たちのリーダーシップ・チームが、WFHをする各チーム・メンバーのエンゲージメントと福利厚生にいかに注力しているかということだ。 これは最優先事項であり、当然のことだ。 私たちは常に人間第一主義を貫いてきたが、この破壊的な時代において、これは非常に有益だった。

在宅勤務(WFH)へのシフトを成功させるには、優れた文化がカギとなる

余談ですが、(BCPの計画と実行から何かを奪うわけではありませんが)私は、WFHへのシフトが成功した大きな要因(ハノイとホーチミンを合わせて2000人近い “Nashers”)は、言葉で表現するのは不可能なベトナム文化にあると感じずにはいられません!忠誠心、思いやり、野心、粘り強さ、正直さ、そして誇り。

この12年間、私は多くのCIOをベトナムの技術開発センターに案内してきた。

市場には何が見えているのか?

確かに、(マッキンゼーの記事にあるように)投資を削減する必要がある顧客も見受けられるが、一方で前向きな投資判断も見受けられ、その良い例が、有名なDIY製品メーカーがB2Cのダイレクト・チャネルを構築していることだ。 混とんとしている。 重要なのは、アジャイル・チームを迅速に立ち上げることができるよう、人材ベンチを維持していることだ。

リモートで顧客にオンボーディング

知識移転のための伝統的なコロケーション期間を設けることなく、新しい顧客やプロジェクトを立ち上げるという課題を克服するために、私たちは進化する必要があった。 私たちは過去にリモートでクライアントをオンボーディングしたことがありますが、この過去の経験が今本当に役立っています。

私たちは、コラボレーションツールの巧みな使用と、詳細な計画スケジュールを作成し、移行を通してクライアントをコーチすることができる、スイッチオン・ローカルのオンショア・エンゲージメント・マネージャー(戦争の傷跡とアジャイル・オフショア開発の経験を持つ、非常に経験豊富なソフトウェア開発PM)の組み合わせにより、オンボーディングを成功させます。 ここまでは順調だ。

その結果、COVID-19の先に、より効率的で新しい仕事のやり方が見えてくる可能性が高い。

私は自分の価値観で生きている

ハーヴェイ・ナッシュ・グループでの私の役割は、ハーヴェイ・ナッシュのクライアントにベトナムのオフショア技術開発センターを紹介することです。 私はNashTechの多くのクライアントを担当していますが、個人的に重要なのは、自分の価値観を貫き、真のパートナーシップ・アプローチで仕事ができる組織の一員であることです。

そのパートナーシップ・アプローチとは、迅速に規模を拡大することかもしれないし、規模を縮小する必要のある顧客と協力することかもしれない。 場合によっては、規模を縮小する必要があるにもかかわらず、かなりビジネスクリティカルなシステムや技術を提供する方法を見つける必要があるクライアントもいる。

私たちは共に前進する道を見つけた。

E:steve.rake@nashtechglobal.com
M: +44 (0)79 66 33 52 57

スティーブはハーヴェイ・ナッシュ・グループで20年のキャリアを持ち、その大半はグループの英国北部の人材紹介オフィスのリージョナル・ディレクターとして活動してきた。 現在では、NashTechの英国営業チームの主要メンバーとして、英国の人材紹介事業をサポートする役割を担っている。

スティーブの経歴は、CIOが直面する重要な課題と機会に関するユニークな視点を提供し、NashTechのサービスポートフォリオを通じて価値を高めるテクノロジーソリューションの提供に注力しています。 余暇には、Action for Childrenの一部門であるByte Nightの共同議長を務めている。

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

GCP
GCP
特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネスプロセスをデジタル化し、シームレスなユーザー体験を提供することを支援します。

上部へスクロール